<   2011年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

週末写真展+音楽会 vol.1

4月15日〜17日の週末限定の展覧会のお知らせです。

ちょっと前にお知らせした展覧会「Harmony」です。
DMが出来上がりました〜♪

e0163553_14134116.jpg


色んなギャラリーさんやラボさんに置いて頂くので、
この週末あたりこのハガキを見つけたら、お持ち下さいね

で「この写真展、良さそう!!」とか言っちゃう。。。。あ。や。それはいっか。



どうぞよろしくお願いします
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-30 14:18 | クロスロードギャラリー

爪先の

e0163553_5434644.jpg

日の出が ずいぶん早くなりました

爪のさきみたいな、細く光る今朝の月です


携帯でうまくとれないのが残念
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-30 05:43

週末写真展+音楽会 at クロスロードギャラリー

心が穏やかになる写真展と音楽会をはじめます!



週末写真展+音楽会 vol.1 Harmony

12:00〜19:00は磯井理江子さんの作品の展示と、
夜は、作品に囲まれての中野亮輔さんによるアコースティックギターのライブ演奏です。


写真展:4月15日(金)〜17日(日)12:00〜19:00(最終日 〜17:00まで)
    入場無料

ライブ:4月15日(金) 19:00開場/19:30開演 ¥1200-
    4月16日(土) 19:00開場/19:30開演 ¥1200-
    定員22名(自由に座っての鑑賞)
    ご予約・お問合せはルーニィ 03-3341-8118
    ライブのお申込フォームでもお申込いただけます


e0163553_17404784.jpg

↑磯井さんの前回の個展DM
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-28 17:41 | クロスロードギャラリー

ギャラリーでの展覧会を検討中の方へ

ルーニィの新しいギャラリー「CROSSROAD GALLERY」のご利用案内です。

現在、斎藤千晶さんの「向日葵の咲く頃。」開催中。
27日(日)が最終日です。

「クロスロードって、どうだろう?」とご思案中の方は、
展示を見学がてらギャラリーの様子をご覧いただくのもいいかもしれません。

六角形のわくわくするギャラリーです!
e0163553_2257515.jpg



<展示>
写真に限らず、平面作品ならなんでも展示が可能です
まずはルーニィディレクターが作品を拝見し、展示計画を伺います
どんな展示にしたいかお話を聞かせてください

12:00〜20:00 1週間 ¥85000-
12:00〜21:00 1週間 ¥91000-
12:00〜22:00 1週間 ¥97000-

作家さんご自身で常駐される方(ルーニィスタッフの常駐不要の場合)は、各時間帯料金より¥5000引きです

*新聞・雑誌・ラジオなどメディアへのプレスリリース、都内近郊ギャラリーやギャラリーカフェ、ラボ、写真学校へのDMの配布(40ヶ所以上)
 展覧会開催へむけての展示・額装に関する担当ディレクターによる個人相談は、ルーニィと同様です。
 ニールセン額のレンタルフレームの料金は、クロスロードギャラリーでの使用の場合どのサイズも¥550/1枚の割引料金でご利用頂けます
 半年前より予約が可能です

<デイユース/パフォーマンス>
開催2ヶ月前より1日レンタルとパフォーマンス向けの利用受付を行います。

スライドショー、朗読、ポエトリーリーディング、落語、演劇、音楽(アコースティックのみ)に使用可能です
15人くらいのお客様にお入りいただけます
まずはどんなことをやりたいか、計画を聞かせてください。(担当:杉守加奈子)

12:00〜22:00 1日 ¥15000-
12:00〜22:00 2日 ¥30000-
12:00〜22:00 3日 ¥43000-

1日からお貸しだしいたしますので、ご相談ください
  
*照明・音響設備などはありませんので持込でお願いします
 新聞・ラジオなどメディアへのプレスリリース、都内近郊ギャラリーやギャラリーカフェへのDMの配布も料金に含まれます



クロスロードギャラリーに関するお問合せは、
ルーニィ・247フォトグラフィーまでお願いします
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-25 22:59 | クロスロードギャラリー

インビテーション

e0163553_15322019.jpg

ジャック・サリューさんの準備をすすめています。

ほぼ初めて日本で紹介する作家さん…

せっかくの二週間

たくさんの方にみていただけますように。



日本に住む多くの外国のかたが帰国するなか、「行くよ!」と言ってくださるジャックさん

これはなんとしても、がんばんなきゃなあ!
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-25 15:32

ジャックさんのリーフレット

(^o^)できました(^o^)

素敵なリーフレットをデザインしてくださったKさんに感謝して…


Jack Sal写真展
「フォトジェニックな線~クリシェ・ベール~」

日時:2011年4月5日(火)から 17日(日)(月曜休廊)

場所:ルーニィ・247フォトグラフィー
東京都新宿区四谷4-11みすずビル一階
03-3341-8118


日本でジャック氏の作品を紹介するはじめての機会。
どうぞお見のがしなく!!
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-24 14:23

こぶし

e0163553_16282737.jpg

ルーニィからクロスロードギャラリーへ行く途中に、こぶしが白い花を咲かせていました

こんなにかれんなのに、こぶし。拳?
それとも、演歌の人がまわすほうの、こぶし?


今週のクロスロードギャラリーは、齋藤千昌さんの個展です。
夜22時までの開館です。(最終日27日は17時までです)
こぶしも交差点に咲いて、お待ちしております
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-22 16:28

ありがとうございます

地震後の混乱のなか、ルーニィへお越しくださった皆様
ほんとうにありがとうございました


被災地の方にお見舞いを申し上げるとともに、
被災地で命がけで働いている方に感謝いたします
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-21 14:38 | ルーニィ

ありがとうの思いで

いつもルーニィに来て下さるS様より、トイレットペーパーをいただきました!
ありがとうございました



ちょうどラスト1個になったので、買いに行くといつもの薬局になかったのでした。。。
買い占めの嵐でしたね、先週は。。。

それが被災地へいっているからなら、我慢出来るけどそうじゃないのが悲しい



被災地で闘ったくださっている方、大変な想いをされている方のことを考えての行動
肝に銘じて

その上で、明るく元気に!!!



ルーニィは今日も開いています
エアコンを切って、廊下の電気も切っての営業ですが、どうぞお越し下さいね
[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-20 13:49 | ルーニィ

ジャックさんより

ニューヨークにいるジャックさんからメールが届きました
4月5日からの企画展に来て下さる作家さんです

こちらはとても元気だし、東京の街は普通に機能していることを伝えましたが、
フランスの人たちが日本をでていくなか、ジャックさんに東京に来てくれとは言えなくて、
ご自分で判断してくださいねと、メールをしたのにかえってきたお返事です

Dear Kanako san,

We are first concern for you & all are friends in Japan.

I will wait & see what to decide about my coming when things are clear for all.

All our thoughts with you.

Best, Jack


外国にはどういう報道されているのかな?

展覧会は、予定通り行いますよ〜!!

***********
Jack Sal 写真展 「フォトジェニックな線~クリシェ・ベール~」

会期:2011年4月5日(火)~4月17日(日)
   12:00~19:00(最終日16:00まで)
   月曜日休廊

場所:ルーニィ・247フォトグラフィー
   東京都新宿区四谷4-11みすずビル1階
   03-3341-8118
e0163553_17112576.jpg

ニューヨーク在住の作家、ジャック・サリューさんの主に80年代に制作され
たクリシェ・ベール作品をご紹介いたします。
クリシェ・ベール(cliché-verre)とは、1853年にフランスのバルビゾン派の画家たちが下絵を写すためにもちいていたものを指します。カメラを使わず、紙やガラスに描いたものを印画する、版画のような写真の技法です。

カメラには、記録的な一面があり、芸術としての側面を追求しようとしても、そこに必ず「世界」あるいは「社会」が入りこんでしまう。
ジャック・サリュー氏は、写真から社会性というコンテクストを解放した写真作品を制作しようとクリシェ・ベールの手法を用いました。

なによりもジャック・サリュー氏の作品の魅力は、素朴な美しさにあります。
薄い紙に、インクや絵の具、チョークをつかって、線や点を描き、それをネガにしてプリントします。
彼の手から生み出された線は、軽快なリズムを刻み、自由を感じます。
デジタル全盛の昨今において、彼の作品の原始的な身体性は、過激ですらあり、新鮮な驚きを私たちにあたえてくれます。


日本でジャック・サリュー氏のまとまった作品を紹介するはじめての機会。
2011年もっとも見るべき展覧会のひとつで

Jack Sal : Artist / Writer

アメリカを拠点に、ドイツ、イタリア、ロシアなどヨーロッパにて、個展多数
2011年は、京都のイタリア文化会館招聘にて立命館大学国際平和美術館、大阪のSoHo Art Galleryにて、新作のドローイング展が開かれる予定


東京から元気出して行こう!
こんなときにアートができることをやろう!

[PR]

by hiyo__pen | 2011-03-18 17:12 | ルーニィ