行ってみよう、行って来よう

この週末は、お客様の作品を見てまわっています

額のサイズはどうする?
マットはどうする?
アクリルを貼った方がいい?

作品を前にして、相談をして、出来上がった作品

だけど、

実際に会場に展示すると、また違った表情を見せてくれることがあります
空間との交わり
その場の音

わくわく楽しくなってきます!

昨日は、代々木上原のファイアーキングカフェへ、山本尚明さんの「The view from my room」を。”竹林と闇のポートレート”というような作品。
山本さんの作品に囲まれていると、ケーキを食べる姿も美しくありたい、などと(笑)
思わず、背筋を伸ばして瑠璃色の食器と向き合う私でした
写真のある空間ていうのは、写真じゃなくてもか、作品が空間にあるっていうのは、心にも作用するんだなあ、とあらためて感じました

これから世田谷の巣巣へ大藤健士さんの「africa」を。ゴム印画というオルタナティブプロセスで作品作りを続けていらっしゃる大藤さんの世界へ、とっぷりつかってきます!
[PR]

by hiyo__pen | 2009-01-23 15:25 | ルーニィ