ジャックさん情報

ジャックさんからリリースが送られてきました!

でもイタリア語。。。知識不足を痛感する瞬間です。
ネットの翻訳ソフトにコピペして日本語にしたものも貼ります。(かなり迷走しているけど)
**************

VERNISSAGE 9 giugno ore 19.00 · 10 giugno / 9 luglio 2010 · galleria ARTcore · via de rossi,94 bari
La galleria ARTcore presenta in/line, solo show dell’artista americano JACK SAL, un evento che
trasforma ancora una volta lo spazio della galleria in favore di un minimalismo rigoroso e ordinato.
Con JACK SAL continua la programmazione internazionale di ARTcore, artista americano, ma italiano
di adozione, si forma tra la frequentazione e collaborazione con grandi nomi dell’arte contemporanea
come Bruce Nauman, Sol Lewitt e Bruno Corà.
Tra le sue ultime esposizioni: Action/Re/Action, personale a cura di Bruno Corà, Palazzo Morelli
Fine Art, Todi, maggio 2011-De/Portees (in coll. con l’Istituto Italiano di Cultura di Osaka) Kyoto Museum
for World Peace, Ritsumeikan University, Kyoto, 2011(personale) - Fotogenic Nan Sen-Cliché-verre,
Ronnee 247 Gallery, Tokyo, New Works, SoHo Art Gallery, Osaka, 2011(personale).
in/line mette in luce un minimalismo con chiari riferimenti alla land art, in cui l’installazione diventa
disegno nello spazio e anche misurazione, riflessione concettuale sulla stratificazione e sull’intervento
dell’artista posto “sopra” la struttura solita dello spazio.
Una scala cromatica naturale, una passerella che scandisce ritmicamente la lunghezza e che taglia la
larghezza a metà.
Oltre all’opera installativa, SAL presenta i lavori bidimensionali, realizzati con la tecnica dell’inchiostro
pigmentato su nastro di seta, in cui il disegno nasce dalla relazione tra il gesto dell’artista e la reazione
del materiale, una tecnica che SAL sperimenta e approfondisceda circa quindici anni, a favore di una
operazione che attribuisce a queste opere estremamente essenziali, una casualità distante dal
minimalismo tipico, che risulta quasi umanizzato dalla visibilità del gesto artistico.
Ancora un altro linguaggio per ARTcore che continua a dare spazio alle molteplici modalità dell’arte
contemporanea,ad artisti diversi per poetica, medium e formazione. Una maniera per far conoscere la
vastità del variegato panorama artistico attuale e per far crescere l’interesse di un pubblico sempre
più numeroso.

************
VERNISSAGE 6月9日時間19.00 · 6月10日/7月9日th 2010 · ギャラリーARTcore · デによってrossi,94がARTcoreが中で紹介する彼女のギャラリーをだますこと/線(アーティストのショーアメリカのジャックSALだけ)厳しくて規則正しいミニマリズムのためにもう一度ギャラリーのスペースを変えるイベント。
それが続けるジャックSALで、ARTcore(養子縁組のアメリカであるが、イタリアのアーティスト)の国際的な計画は、ブルースノーマン、S・ルウィットとブルーノCorとしてfrequentazioneと現代美術の大きな名前との協同の間で作られます。
彼(女)の最後の露出時間の間で: 行動/キング/Action(個人的なブルーノCorによって編集される)ビルモレッリファインアート、Todi、5月の2011-De/Portees(大阪のCultureのイタリアの学会によるcoll.で)京都World Peaceのために博物館、立命館大学、京都、2011(個人的な) - FotogenicナンSen-決まり文句-verre、Ronnee 247 Gallery、東京、ニューWorks、ソーホーアートGallery、大阪、2011(個人的な)。で/線はアースアートへのはっきりした言及でミニマリズムに明らかにします、インストールがどれになるか、スペース、更には測定(層化に関する、そして、スペースの普通の構造より上の配置されたアーティストの干渉に関する概念上の反省)においてスケッチしてください。
自然色彩の階段、リズミカルに長さを明瞭に表現する、そして、それが半分の幅を減らす通路。
仕事installativaの他に、SALはbidimensionalな仕事を持ち出します。そして、絹のリボンの上で色の着いたインクの技術で理解されます。そこにおいて、芸術的なジェスチャの可視性によってほとんど人間らしくされるその結果の原因をこれらのとても重要な作品(典型的ミニマリズムからのよそよそしい無頓着)にあると考える活動のために、スケッチは15年のまわりにアーティストのジェスチャと材料の反応の関係、SALが実験する技術とapprofondiscedaから運ばれます。
現代美術の様々な形式にスペースを与え続けるARTcoreのためのさらに別の言語(詩学、媒体と形成のための異なるアーティストへの)。 雑色の実際の芸術的なパノラマの広大さを知っているふりをして、ますます多数の市民の関心を発達させるふりをする方法。


**********
「雑色の実際の芸術的なパノラマの広大さを知っているふりをして、ますます多数の市民の関心を発達させるふりをする方法。」

ふりをするって・・・いったい?
attualeって、atitudeってことなのかな
むーん
[PR]

by hiyo__pen | 2011-06-07 19:07 | ルーニィ