愛に言葉はいらないさ

それは山手線での出来事です。

東京駅で乗り込み、空いている席へ座りました。

同時に乗り込んだのはひと組のカップル。
彼氏はつり革、彼女は彼氏の腰に右手回しました。
今一番、ええときなんでしょう。

すると彼氏が、
「お前の二の腕、ぷるぷる」と言いました。
すると彼女が、
「○○くんの二の腕もぷるぷる」と言いました。

彼氏:「ぷるぷる」
彼女:「ぷるぷるぅ」
そのあとの会話たるや、全部「ぷるぷる」

ぷるぷる、ぷるぷる言ってるのですが、
わたしには「好きだよー」「あたしもー」「好き好き」にしか聴こえませんでした

それが3駅分つづくのってすごい。。

e0163553_13313759.jpg

二の腕くん

ぷるぷる

愛し合うふたりに、言葉はちょびっとでたりるみたい

演劇的な瞬間でした
[PR]

by hiyo__pen | 2010-06-06 13:31 | 日々のこと