雨がアスファルト

先日、新宿のエプサイトに、伊藤之一さんの展覧会「雨がアスファルト」を見てきました

雨粒がアスファルトの地面に落ちる瞬間を捉えた作品
何対何なんだろう?
6×12くらいかな?
横にズンと長い作品は、いつも見ている「雨」に、「地球」に、異なる目線を教えてくれ、
はっとさせられます

この雨だけの力では、もう浄化しきれない世の中かもしれませんが、
雨のつくるこの情景の美しさは、少しの時間、地球や人の心の汚れを落としてくれるように感じました
[PR]

by hiyo__pen | 2009-08-01 13:27 | ルーニィ